FC2ブログ

『3.21さようなら原発全国集会』に参加しました

福島では雪が降り、東京では桜のつぼみがほころび始めた3月21日。
私たちは代々木公園で開かれた『3.21さようなら原発全国集会』に参加してきました。

こちらはフライヤー
20190321.png

こちらは当日配布されたプログラム
IMG_20190321_124928.jpg


55788421_1898856556910582_3984518809212944384_n.jpg




「避難の共同センター」のテントに間借りしたり、参加者の方々にお声をかけ続けたりして、「東京電力福島原発事故刑事訴訟に厳正な判決を求める署名」⇒ウェブ署名はこちら)多くの方から賛同をいただくことができました。

54800141_1898856563577248_4808860489448685568_n - コピー

55536466_1898856693577235_260994395094908928_n.jpg

IMG_20190321_113456.jpg

54362914_1898856726910565_859294283004379136_n.jpg

55901811_2096689817075768_889890904171610112_n.jpg

55543798_1898856720243899_2426846308254875648_n - コピー

IMG_20190321_105638.jpg



中央のステージ「フクシマから」では、人見やよいさんが登壇しみんなは後ろで「女たち」のバナーを掲げました。
やよいさんはよく通る声でわかりやすく福島の今を伝えました。
⇒実行委員会ツイッター
56325247_2095836853827731_976095583611650048_n.jpg
(登壇前のようす)
55901923_2095835287161221_335957384184725504_n.jpg

54430451_1898856946910543_181232669110042624_n.jpg

55524772_1898856916910546_4231471491633381376_n.jpg

D2KBGQhVAAAaEYD.jpg

★ユープランの動画⇒こちらから
やよいさんのスピーチは50分からです。




最後は強風にめげずバナーや幟を持って、渋谷駅までのコースの先頭を歩きながら、「原発事故は終わってない!」「世界のどこにも原発いらない!」「再稼働やめて!」と道行く人に訴えました。
チャンゴ隊に参加したメンバーは隊列の最後を飾り、デモ隊を盛り上げました。

IMG_20190321_143914.jpg

55244511_1274673945990566_1038765246723915776_n.jpg

54729670_1898857093577195_8888343065685655552_n.jpg

54521927_2137220296371027_7289317163607785472_n.jpg

IMG_20190321_143933.jpg

★朝日新聞 青木美希さんの記事⇒こちらから


★多くの写真を小金井市議会議員、片山薫さん(⇒公式サイト)にご提供いただきました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

「この裁判、見逃せない!」

東京電力元幹部三被告人の刑事責任を問う裁判が、いよいよ大詰めを迎えています。
私たち「原発いらない福島の女たち」の多くのメンバーが、「福島原発告訴団」の当事者として当初から活動してきました。
また、強制起訴されて過失致死傷害罪での裁判が始まって以降は「福島原発刑事訴訟支援団」として、東京地裁での裁判を傍聴し続け、そこで見てきたことを発信してきました。
宣伝映像や、支援団オリジナルソングができていますので、多くの方に見ていただきたいと思います。

以下は、女たちのメンバーで、告訴団団長でもある武藤類子さんからのメッセージです。
   ・・・・・・・・
福島の女たちの多くは東電刑事裁判の告訴人です。
裁判が実現するまでずっと福島原発告訴団の行動に参加して来ました。
2017年6月にようやく初公判を迎えたこの裁判は、現在ハイペースで公判が行われています。
福島の女たちは、今度は福島原発刑事訴訟支援団として毎回傍聴活動を続けています。
21人の証人尋問が終了し、第30回からは被告人質問が始まりました。
武藤栄元東電副社長、武黒一郎元副社長は津波対策の先送りについての、多くの客観的証拠が法廷で明らかになったにも関わらず、
「見ていない、聞いていない、読んでいない、自分には権限がない」との供述を繰り返しました。
10/30は、勝俣恒久元会長の被告人質問です。是非、この裁判に注目して下さい。
   ・・・・・・・・

◆宣伝映像  『この裁判見逃せない』 ◆



◆支援団オリジナルソング  『真実は隠せない』 ◆ 
作詞:福島原発刑事訴訟支援団 作曲:長谷川光志
1. 大津波は予見できたはず
   大津波は予見されていた
   私たちはあきらめはしない
   真実隠すことはできない
2. 原発事故は回避できたはず
   対策は用意されていた
   私たちはあきらめはしない
   真実は明らかにされた
   私たちはあきら めはしない
   正義を今 求めるこの手に 




★こちらから、福島原発告訴団、福島原発刑事訴訟支援団の各公式サイトがご覧になれます。

◆福島原発告訴団◆

◆福島原発刑事訴訟支援団◆

汚染水を海に流すな!

2018年8月31日(金)、東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性トリチウムを含む汚染水の処分方法をめぐり、経済産業省が公募した郡山での公聴会に、「原発いらない福島の女たち」が4名参加しました。

そもそも「トリチウム」以外の核種が何度も基準を超えて検出されてきたことから、この公聴会そのものが成立しないという指摘に始まり、「希釈した濃度ではなく、総量が問題」であること等、海洋放出への反対意見をそれぞれが述べ、「陸上大型タンクでの長期保存」という新たな提案もなされました。
他の発言者からも賛成意見はごく少数で反対意見が相次ぎ、委員長に「タンクでの長期保管の可能性も含めて今後議論する」と言わしめることができました。

PK2018083102100213_size0.jpg
(東京新聞2018年8月31日 夕刊より)

郡山の会場となった商工会議所前で、アピール。
43951664_455774724944842_6472120440641814528_n.png

43739981_310172116236212_9202754793674637312_n.png


また8月30日の富岡町の公聴会では、会場前で「海洋放出反対」のアピールも行いました。

43706313_2147169081968546_4239946845087858688_n.png

43719083_1983509331706380_8176853983319556096_n.png


※関連記事です。別ウィンドが開きます。

【当日表明された意見の概要】

【「やいちゃんの毎日」より人見やよいさんの意見】

【IWJから配信された動画】

【福島民報の記事】

【日経新聞の記事】

続きを読む »

原子力規制委員会要請行動(脱原発福島ネットワークの報告)

2月8日の原子力規制委員会更田委員長のトリチウム水海洋放出発言への抗議とトリチウム水の安全な保管を求める要請行動に、原発いらない福島の女たちからも三人が参加しました。
原子力規制委員会へ入っての提出は叶わず、約束の16:00まで寒風の歩道で待機です。でも、そこはせっかくの機会、15:30から賛同団体から各々の想いが語られました。きっと通行中の方々の耳にも届いたろうと思います。
今後は、回答の説明並びに規制委員会との交渉を3月下旬に予定したいとのこと、ぜひ直接「原子力規制委員会の言い分」を聞いてみたいと思います。

脱原発福島ネットワークの報告

20180214103935f45.jpeg

201802141039360b7.jpeg




金曜行動で歌を!

郡山駅前でもほぼ毎週金曜行動をやっています。たしか、あの年(2011年)の秋頃から「女たち」が始めたと思いますが、最初は水曜日でした。その後、霞ヶ関の官邸前で「金曜行動」が始まりましたから、歴史はこっちの方が古いんですヨね。その回数、何百回になるでしょうか。当初は、赤いベベ着て「カンショ踊り」もありました。懐かしい~ッ。人がどんどん入れ替わり、そしてだんだんに少なくなり、今は3~5人で維持しているといった感じです。「福島でやらなくてどーする!」の気持ちですが、雨の日も極寒の日も、生半可では続きません。全国津々浦々で脱原発の仲間が諦めないで立っていることを想い、友人が送ってくれた手づくりバナーを来週もまた掲げます。

いつだったかの院内集会で初めて聴き、その後、伊方原発ゲート前等でも作詞作曲の池田さん(大分)が歌われていてとても感動した歌を以下に紹介します。全国に少しずつ拡がってきているようです。郡山でも歌えるようにしたいと思っていますが、アカペラではなんだか音程が狂う私です(^^;)。
皆さん、ぜひ一緒に歌いましょう!(黒節)


『ふるさとは原発を許さない』

田んぼのあぜ道 丸木橋
川エビ 菜の花 水車小屋
夕焼け野イチゴ 寺の鐘  
ふるさとは原発を許さない
ふるさとは原発を許さない

「安全安心 気にするな
すぐに死にはせぬ 大丈夫」
神話も嘘も 聞き飽きた
ふるさとは原発を許さない
ふるさとは原発を許さない

被ばく労働 知らぬふり
子孫が浴びゆく 放射能
たとえ街の灯 消ゆるとも  
ふるさとは原発を許さない
ふるさとは原発を許さない

偽り箱物 だまし合い
死の灰 セシウム 温排水
いくら黄金を 積まれても
ふるさとは原発を許さない
ふるさとは原発を許さない

二度と戻せぬ ものがある
取り返しのつかぬことがある
お前を愛した ふるさとは

ふるさとは原発を許さない
ふるさとは原発を許さない



20180213203710887.jpeg